学校関係の

職域接種を止めて

子どもたちと先生を

守ろう

今、全国で、子ども達と接する大人(小中高の先生や、保育士、学童保育の先生方)への職域接種が進められています。

先生方の中には「本当はワクチンを打ちたくはないけれど、子どもたちの為に打たないといけない」という思いや、同調圧力を感じて接種してしまう方も多いようです。


しかし、先生方がワクチンを打つことが、実は子どもたちの為にはならないということが、だんだんと分かってきました。


新型コロナワクチン被接種者の、息や汗などから排出されるスパイクタンパク質等によって、被接種者と接触した未接種者(子どもも含む)数万人に、数々の有害事象が出ているという報告が、世界各国で上がってきています。


フロリダ州にある私立校セントナー・アカデミーは、生徒の保護者と教職員に対してeメールで「新型コロナワクチンが、ワクチン摂取を受けていない人たちにもたらす影響について懸念がある」と説明し、「新型コロナワクチンを接種した教職員は雇用しない」旨を保護者と教職員に通知しました。(→海外ニュース記事


つまり「新型コロナワクチンを接種した人たちは、自らスパイクタンパク等を排出する感染源となってしまう可能性がある」ということなのです。


この事実を知ったお母さんたちが、「自分たちの地域の保育所や幼稚園、小中学校、高校、学童保育の先生たちが職域接種するのをなんとかして止めたい!」と強く思ったことから、このプロジェクトが始まりました。

ぜひご自分のお子さんが通っている園や学校に送りましょう。1校につき2通は送ります。「これなら私でも簡単にできる!」と全国のお母さん達が静かに動き始めています。

余力があれば学童保育や、お子さんが将来行く可能性のある学区内の中学校や県内の高校にも送りましょう。「地域の学校や母校にも送ります」という方もおられます。


この情報を自分の地域の学校に届け、先生方に「打たない選択」をしてもらうよう呼びかけましょう。既に、学校関係の職域接種がほぼ終了している市町村もあるようですので、速やかに行動する必要があります。

たとえ先生方が既にワクチンを接種されていたとしても、遅いということはありません。子どもたちへのシェディングの可能性について知ってもらい、日々デトックスに努めていただく必要があるのと、3回目以降の接種をやめる検討をしていただくためにも、諦めず、速やかに情報を届けましょう。

具体的なアクション方法

「マスクやワクチン、シェディング(曝露)の危険性について、先生方に知って欲しい」と、全国のお母さんたちが、資料をたくさん抱えて学校に説明に行っておられます。みなさん大抵、校長室に案内され、校長先生に1〜2時間ぐらいかけて説明した後、「〇〇さんのお母さんは、よくお調べになっていらっしゃるんですねぇ。私も大変勉強になりました。ありがとうございます。しかしながら、それぞれの親御さんによってご意見やお考えも様々です。我が校といたしましては、基本的には教育委員会からのガイドラインに即して、感染症対策を行なうしかないことをご理解ください」と言われて終わりです。それで、この方法を考えました。


「先生方へ」の手紙

「コロワクinfoチラシセット」
(5種類)

「あるお母さんからの手紙」

が学校に送付する
基本セットです
(全8枚)

PTA宛はこれにもう1枚
「PTA役員のみなさまへ」という
お手紙がつきます。(全9枚)




①〜⑤の手順を一つ一つ確認しながら

「必ずその通りに」

してください。

以下の手順は、試行錯誤してここに至っています。
よくよく考え抜いて、この方法に辿り着きました。

よく読まずに、違うやり方でやってしまうと
残念なことになってしまうかもしれません
下のよくある質問をお読みください。

他にも疑問があれば、お問い合わせください。
きちんとお伝えさせていただきます。

もっと良いやり方のアイデアがある方は
是非ご提案ください。

より良いやり方を思いつく度に
行動の手順を更新していきます。

作業される際に必ずご確認下さい。



お知らせ!

現在、先生方へのお手紙を
(及びPTAへのお手紙も)
全面改稿中につき、
発送作業をお待ちいただけると
ありがたいです

完成しましたら
下欄の「先生方へ」の手紙
のPDFをアップします
(現在はリンクを外しました)


<具体的な行動の手順>


①チラシセットを事務局に連絡して取り寄せる。

②送る順番とタイミング:
PTA役員のみなさま宛に郵送(必ず切手を貼る)
1週間ほど開けてから、最高学年の先生方への1通のみ郵送(必ず切手を貼る)
他の学年の先生方や役職のある先生方や専門の先生方、先生以外の学校で働いている(関わっている)方々など(④参照)へは、その2日後に同時に一斉に郵送。宛名ごとに封筒には入れますが、全部の封筒をまとめて、B5や A4サイズの大きな茶封筒に入れて郵送してもいいと思います。

また、この一斉に送る分だけは、切手を貼らずに学校のポストに直接入れても構いません。とにかく❶と❷の送り方と順序とタイミングが重要です。もし別々に送らずに各学年分とPTA宛が一斉に届くと、事務の方が校長先生のところに全部持って行ってしまい、各先生方やPTAに届かない可能性が出てくるからです。

③コの字が見える位置にカットした茶封筒にチラシセット(チラシ5種)+「あるお母さんからのお手紙」とを入れ、それに「先生への手紙」を添えて長形3号の封筒に入れる。

④宛名は:

  • 例えば中学校や高校なら「3年生の先生方へ」2年生の〜」1年生の〜」
  • 小学校なら「6年生の先生方へ」〜「1年生の先生方へ」
  • 幼稚園や保育園の場合は「年長組の先生方へ」「年中組の〜」「年小組の〜」


  • 学年主任や担任とは書かず、ただ「先生方へ」とだけ書きます。副担任の先生や専科の先生方も含む、複数人の先生方で回覧して読んでもらえるようにしましょう。


  • もし1学年に1クラスしかない学校や園でしたら、「○年生の先生」でも構いません。ただし、個人の先生を特定して「〇〇先生へ」と書くようなことだけは、くれぐれもされないようにお願いします。もし自分に名指しで匿名の人から手紙が届いたら…と想像してみてください。そんなことは誰でもされたくありません。もし、お子さんの担任の先生宛に出したいとか、どうしても名指しで出したいという場合には、必ずご自分の名前もお書きになって下さい。


  • 役職のある先生方や専門の先生方
  • :校長先生/教頭先生/保健の先生


  • 先生以外の学校で働いている(或いは関わっている)方々:学校医/学校薬剤師の先生/


  • 宛名は、印刷ではなく手書きで書きましょう。


⑤ PTA宛は、学校に出すものと同じ内容のもの+「PTA役員の皆様方へ」という手紙をつけて「PTA役員の皆様へ」という宛名で、学校に郵送する。(この手紙はチラシ発送時に同封します)幼稚園や保育園などはPTAはなく、保護者会なので「保護者会役員の皆様へ」で出す。

保護者会がない園もあるので、その場合には、家が分かるのでであれば、何人かの保護者の家に「保護者の皆様へ」の手紙をつけてポスティングをする。

園の場合は子どもの送迎があるので、門の外で直接お母さん方に手渡しされる方もおられます。(確実に「お母さん」方に届けられる一番良い方法だと思います。園だからできる方法です。学校になると送迎がないのでできません。)

⑥差出人は「保護者有志一同」と書く。
あるいは「〇〇市内(町内)の学校に子どもを通わせている保護者有志一同」でもいい。

差出人を「保護者有志一同」として匿名で出す理由は、名前や顔を出して直接これらの情報を届けに行くと、学校側が「めんどうなことを言って来るうるさい親」として扱い、取り合ってもらえない可能性があるからです。実際、そんな対応をされたお母さんたちが全国でたくさんおられます。

「でも、出すならキチンと名前を書いて責任を持って出したい」と思われる場合には「保護者有志一同」と書いた上で、代表者:〇〇〇〇と名前を書き、連絡先も表記されてはいかがでしょうか。

表に赤で「回覧希望」と書きます。


⑨切手代:94円切手か140円切手を貼る。(必ず25gは超えるので、82円では料金不足になります。封筒の重さやお手紙の紙の枚数や重さによって、50g以内に収まれば94円、超えれば140円になりますのでご注意下さい。PTA宛は先生方への手紙+PTA宛の手紙になり、50gを超えます。郵便局窓口で確認して切手を買うこと



<よくある質問>


Q:「校長先生に最初に送らなくていいのでしょうか?」
A:「校長先生によっては、他の先生方の目に触れる前に手紙を回収しようとされるかもしれません。実際にそういう学校があったため、このような順番になりました」


Q:「各学校に送るよりも教育委員会に送った方が話が早いのでは?」
A:
市町村の教育委員会は、県の教育委員会のガイドラインに従い、県の教育委員会は文部科学省のガイドラインに従います。ですから、各市町村の教育委員会にどれだけ一生懸命に伝えに行ったところで、国の政策と違う指導を、市町村が独自で学校に対して行うことはまず期待できませんので、現場に直接情報を届けることが大切だと考えています。


<保護者に直接伝える>


学校に情報を届けることは、もちろん大切なことですし、必要なことです。だから届けられる限り届けましょう。


けれど、私たちがこうして学校に伝えたことで、もし「今、世界中で本当は何が起こっているのか」ということに、先生方の何人かが、気づかれたとしても、保護者の大半が「マスクは必要、ワクチンは安全」だと思っている限り、学校長や先生方が、それら大多数の保護者の意見や、教育委員会のガイドラインに逆らってまで、「現状を変えていこう」と立ち上がってくれるということは、現実問題として厳しいと考えた方がいいと思います。

子どもたちを守るには、やはり「保護者に伝える」しかないのです。親たちの大半がこのまま気づかなければ、子どもたちの多くがワクチンを打つことになるでしょう。

どうすれば、保護者に情報を届けられるでしょうか?

幼稚園や保育園、保育所でしたら、送迎時のお父さんお母さん方に手渡すのが一番確実です。小学校以上は送迎がないので、ひたすら学区内の家にポスティングするしかありません。(子ども用の自転車や遊具がある家を重点的にポスティングしている、という方もおられます)もし送迎のある学校なら、ぜひ手渡し作戦を!塾や習い事などの送迎時にもいいかもしれません。


<子どもたちに直接伝える>



直接子ども達に渡したってもちろんいいと思います。とにかく、誰かを頼みにするのではなく、一人一人にどうやったらこの情報を効果的に届けられるか、みんなで考えて、ひたすらトコトコ動いていきましょう。

*疑問点、問題点などありましたら、お気軽にお問い合わせください。


先生方への手紙


この手紙は、先生へはもちろん
PTA宛の封筒にも入れます

PTA宛の封筒にはその上に
「PTA役員の皆様へ」
という手紙をつけます


お知らせ!

現在、先生方へのお手紙を
(及びPTAへのお手紙も)
全面改稿中につき、
発送作業をお待ちいただけると
ありがたいです

完成しましたら
この下に「先生方へ」の手紙
のPDFをアップします
(現在はリンクを外しました)

もうしばらくお待ちください


「コロワクinfoチラシセット」

コロワクinfoチラシセット(5種類)
の上に「先生方へ」のお手紙を
付ければできあがり


家族や知人友人
職場や近所の人などに

ワクチンの危険性を
伝える事が難しい…

と感じている方は

少なくないと思います

そこで

気軽に手渡せる
或いはポスティングできる

チラシセットを作りました

あなたの想いが
届けるみなさまの内に
響きますように…

被接種者から未接種者への

曝露に関する情報をピックアップ


⬇︎

被接種者から
未接種者への伝播❸

「フロリダ州の私立校、新型コロナワクチン接種を受けた教職員は雇用しないと通知」接種者と接触した数万人の未接種女性たちに生殖機能の副反応が…
⬇︎

⬇︎

被接種者から
未接種者への伝播❷
(30分間の動画)

「女性の生理周期に何が起こったのか?mRNAワクチン接種者がスパイクタンパクを体外に排出している」
⬇︎

⬇︎

被接種者から
未接種者への伝播❶
(15分間の動画)

ワクチン接種者が体内でスパイクタンパクを生産し、周囲に発散している。
被接種者が近くにいる未接種者に起こっている有害事象の数々を紹介して警告!
⬇︎


被接種者から
未接種者へ曝露例集


ツイッター上で呼びかけられ
集まった曝露例集です

遺伝子ワクチンの接種者からの伝搬は、全く未知の現象です
接種者と日常的にコンタクトして異常がないという声もあり、ケースバイケースです
不当な差別や分断を生まないよう最大限の配慮、思いやりを持って臨みましょう


身近な曝露例

管理人が直接見聞きしたことや
自分で体験したことを
紹介します

<身近な人から直接聞いた体験談>

  • 千葉県のある保育所で、先生方の職域接種が始まった8月から、園児の鼻血が異常に増えた。しかも普通の鼻血ではなく、みんな血が塊のようになって出てくるとのこと。


  • 生まれてから一度も病院に行ったことがないという超健康優良児の小学校5年生の女の子が、最近頻繁に、学校から「しんどい」と言って帰ってくるので、おかしいなと思った母親が学校に問い合わせたところ、先生方ほぼ全員の職域接種が終了していた。


  • 生まれてから36年間、一度も風邪を引いたことも寝込んだこともないという超健康な友人が、久しぶりに会った兄(2回接種)と2時間ほど一緒に食事をした後、帰りの車の中で体調がおかしくなり、その夜から極度の倦怠感とひどい頭痛が続き、10日間ほとんど食事も取れずに寝込んだ。以下に、詳しい報告を記載します。


17(火) 1日目

兄(2回接種済)と久しぶりに会って2時間ほど食事をする。独特な体臭を放っていることに気付く。帰りの運転中ふらふらとする。夜から極度の倦怠感とひどい頭痛が始まる。


18(水)2日目
朝から倦怠感がどんより全身を支配する。頭痛あり。ヒジ、ヒザの関節部に高い熱をもつ。がよく出る。白いが出る。食欲ナシ。バナナスムージーのみ。

19(木)3日目
湯豆腐たべる。倦怠感つづく。身体を動かそうとすると、すぐに息がきれそうになり横になる。松葉ジュースを作って飲む。

20(金)4日目
湯豆腐を食べようとすると、味覚異常により、美味しく食べることができず中断。特に塩味を異常に感じてしまう。松葉ジュースを飲む。

21(土)5日目
便秘にはなりにくい体質だけど、ここ数日出ていなかったことに気付く。サラシアオブロンガ茶を炊いて飲む。

22(日)6日目
下痢が少し出る。身体中が熱く、火照っている状態。ぷつぷつと蕁麻疹を発見、すぐに全身に広がる熱くて痒いので、アイスノンをタオルに包み局部に当てて冷ましていく。

23(月)7日目
体重5kg減少。松葉ジュースを飲む。

24(火)8日目
呼吸が浅くて早い。深く息を吸いたいが咳に阻まれる。5ALA(天然アミノ酸系サプリ)を飲み始める。

25(水)9日目
関節部の熱が引いた。蕁麻疹が薄くなってきている。全身は赤みを帯びている。水分をとって寝る。

26(木)10日目
全身の熱がおさまってきた。濃い味噌汁を飲む。

27(金)11日目
味覚がおかしいと思いながらこんにゃくゼリーを食べる。蕁麻疹のぷつぷつは少し引いてきている、赤っぽいのは残っている。今日は少し息がしやすい。

*食事は書いているもの以外は基本的に食べていないそうで、毎日、フルーツジュースか、松葉ジュースか、お茶か水だけとのこと。17日目にやっと味覚が戻り、ご飯粒を食べることができたとのことです。


    

<自分で体験したこと>

  • 1回接種者と半日過ごした翌日から、4日間不正出血が続いた(子宮内膜剥離)
  • 1回接種者と2時間過ごした翌日、極度の倦怠感と頭痛と空咳が1日中続いた
  • 2回接種者と30分間過ごした直後、頭痛、喉の痛み、目の不調→松葉茶3杯でマシに


<今後の対策>

  • 学校や園の先生で、既にワクチン接種をされた方は、今後重ねてのワクチン接種は控え日々のデトックスに努めていただく必要があります。


  • お子さんを園や学校に通わせている保護者の方々は、子どもたちを今後も園や学校に通わせ続けるのかどうかを真剣に考え、選択しなければいけない状況になっています。


  • ワクチンの危険性を理解している保護者の方々の中には「子どもの安全が第一」と、園や学校に通わせることをきっぱり断念し、ホームスクーリングに切り替えたり、同じ思いの保護者で集まって、子どもたちの学ぶ場づくりを始めている方々も出てきています。

ありえないニュース

どうしてこのようなことが
起こっているのか
なぜ推奨するのか?
よく考えてみる必要があります

2021.8.12「妊婦へのワクチン接種を推奨」CDCが指針更新

CDCは「新型コロナウイルスワクチンは、妊娠した人、授乳している人、今妊娠しようとしている人、将来妊娠するかもしれない人を含む12歳以上のすべての人に推奨される」としている。

2021.8.14  日本産科婦人科学会が、CDCの推奨を受けて「妊婦へのワクチン接種を勧める方針」

アメリカでワクチン接種した妊婦さんの流産は報告されているだけで985件にものぼります。(7月7日発表)