「市長さんへのお手紙」

を届けて

みんなでウォッチ

プロジェクト



この下の

みんなでウォッチリスト

に掲載されている

「送付済」

市区町村名をクリック
すると

そのまちの

首長さんのプロフィール

が開きます



市民への
コロナワクチン接種は

「市区町村の事業」

であり

各市区町村の

首長は

その「最高責任者」です


2021年の初夏、管理人がまだ「コロワクinfo」を始めていない頃に、県庁に行政交渉に出かけました。その時に「コロナワクチン接種を市民に奨めておられますが、ワクチン接種をして市民に何かあった時に、県はどのように責任を取られるおつもりですか?」と伺うと「いえいえ、これは各市町村の事業ですから〜」と軽やかに、笑顔で答えられました。

その数時間後に、県庁所在地にある市役所に行き、同じ質問をしたところ「私どもは国や県からの指示を受けて行なっていますので…」と答えられました。

そこで「先ほど、県で同じ質問をしたところ、『いえいえ、これは各市町村の事業ですから〜』と笑顔で答えられましたよ」と伝えました。すると、その場にいた4〜5人の市の職員が一斉に驚いて、互いに顔を見合わせておられました。

その時に「あぁ、きっとこれが全国で起こっていることなんだな…」と理解しました。



全国のどこの市区町村の首長へ
送付されたかがわかる

ウォッチリストは

↓↓↓ 少し下にあります ↓↓↓

全国の市区町村の

首長のみなさまへ

このページにお越しいただき
ありがとうございます

地域住民の
いのちと暮らしを守るために

有益な情報を日々探しておられる
全国の首長のみなさまに

ぜにお届けしたい情報を
多数、掲載しております

ぜひご覧ください

「市長さんへのお手紙」

を送ろうと思われる方へ

「市長さんへのお手紙」
の全文は
このページの末尾で
お読みいただけます

送付の手順の詳細は
「みんなでウォッチ」
のページにあります

みんなでウォッチ

リスト

市区町村の
首長さんと副首長さんに
お手紙が届いている地域です

送付済の欄の市区町村名を
クリックすると
その町の首長の紹介ページに
飛べます

発送準備中

<和歌山県>
橋本市


<滋賀県>
長浜市
東近江市

市長が市民に向けて

「こどもへの接種は慎重な判断を」

と呼びかけている

ABCニュース
(6分間の動画)

【重い副反応に苦しむ子が複数いる】

子どものワクチン接種券一斉送付せず

大阪・泉大津市長

「重症化のリスクより
副反応のデメリットが大きい」


* * *

このニュースの最後で
「南出市長の選択は?」
と記者から問われた

ワクチン担当大臣は

「まぁ希望される方には
きちんと接種券を
お渡ししていると
聞いていますので…」と

容認の姿勢を見せており


大阪府の吉村知事も

「知事の権限か?
市町村長の権限か?
と問われれば
最後は市長村長の権限
だと思っています」

はっきりと答えています


2022年2月5日〜26日

国際裁判

(大陪審)

にて

各専門家による

証言が行われました

(全6回)

ヒュルミヒ弁護士による冒頭陳述
(18分間の動画)

泉大津市長からの

メッセージ

子ども(5~11歳)への
コロナワクチン接種について

(16分間の動画)

健康な子どもへの接種に

合理性を見出せない

3つの理由

1.エビデンスがない
2.健康な子どもの重症化は極めてまれ

3.  副反応リスクが高い

こどもコロナプラットフォーム

コロナとコロナワクチンについて
学び、意見を交わすという場で

全国の

首長や議員、医師の方々

が数多く参加しておられます


ワクチンに対して
賛成とか反対ではなく

正確なデータの情報を集め
それをどう読み解き

何を選択していくのか
が真剣に話し合われています